Loading...

出産準備リスト

初めての赤ちゃん、わからないことがいっぱい。
「どんなものが必要なの?」「何をどれくらい買ったらいいの?」
そんなママのための、
わかりやすくてシンプルな「出産準備リスト」です。

産前

時期によって大きく変化するバストやおなか。最適なものを選びましょう。

商品ページを見る
品名
必要度
必要数
ポイント

マタニティブラジャー・ハーフトップ

3~4枚
時期:産前~産後
しっかり支えるブラジャーとソフトな着け心地のハーフトップ。
着用シーンに応じて使い分けましょう。
【ブラジャー】お仕事やお買い物など外出時にはホールド力のあるブラジャーがオススメです。
【ハーフトップ】つわりがひどいときや、くつろぎたいときにオススメです。

マタニティキャミソール・タンクトップ

2~3枚
時期:産前~産後
大きくなったおなかに合わせたインナー。
産後も使える授乳用です。
【前開きタイプ】病院での診察に便利。
【クロスオープンタイプ】産後の授乳に便利。

産前ショーツ

6~8枚
時期:産前
おなかをしっかり包み込むショーツ。
おなかを冷やさないためのマタニティママ必須アイテムです。

妊婦帯

2~3枚
時期:産前
おなかを冷えから守り、下からしっかり支えます。
【腹巻タイプ】おなかをソフトにサポート。
【パンツタイプ】ラクにはけてズレにくい。
【ガードルタイプ】サポート力が高くしっかりサポート。
【ささえ帯タイプ】腰に負担がかかる妊娠後期にオススメです。
ワンポイントアドバイスを見る

妊婦帯って?

妊婦帯は主に妊娠中期から後期に使用します。おなかを冷やさないようにする、外部の衝撃からおなかを守る、腰痛を防止する、という3つの効果があります。

岩田帯タイプ

昔ながらのさらしで巻き上げるタイプです。主に妊娠5ヶ月目の帯祝いに使用します。

腹巻タイプ

着脱が簡単な腹巻のようなタイプです。主にリラックス時や就寝時に着用します。

パンツタイプ

腹巻に足口が付いたタイプです。主によく動き回るような時に着用します。

ガードルタイプ

パワーネットでサポート力を高めたタイプです。
主に外出時など、ホールド感を求める際に着用します。

ささえ帯タイプ

おなかを帯でしっかり支えるタイプです。妊娠後期の大きくなったおなかに着用します。

マタニティタイツ・レギンス

3~4足
時期:産前
マチが付いていてよく伸びるので大きくなったおなかもらくらく。
色々なデザインがあるので、ファッションに合わせて選べます。

母子手帳ケース

1つ
時期:産前~産後
母子手帳や病院の診察券などをまとめておけるのでとても便利です。
自治体によってサイズが異なります。サイズをご確認のうえ、お買い求めください。

マッサージクリーム

1〜2本
時期:産前
妊娠中はおなかの皮膚が硬くなりがちです。
おなかが大きくなり始めたらクリームでマッサージをすると、気になる妊娠線の防止に効果的です。

マタニティ食品・サプリメント

必要に応じて
時期:産前
マタニティ期に不足しがちな葉酸・カルシウムなどの栄養を手軽に摂取できます。
錠剤やお菓子、ドリンクなど色々なタイプがあります。
自分に合ったものを続けて取りましょう。

入院準備

陣痛が始まる前に準備しておきましょう。

商品ページを見る
品名
必要度
必要数
ポイント

マタニティパジャマ

2~3枚
時期:産前~産後
トップスはおなかをすっぽり覆う長い丈と授乳口付き。
パンツには、着用時期に合わせることができるサイズ調整ゴムが付いています。

産後サポーター(産後すぐ用)

1~2枚
時期:産後すぐ
産後のリフォームは産後すぐ(入院中から)スタート。
産後すぐ用サポーターは子宮の回復を助ける必需品です。

母乳パット

3~4パック
時期:産後すぐ
母乳で下着を汚さないようにするため、母乳パットを使いましょう。
乳首を保護する役割もあります。

産じょくショーツ

3~4枚
時期:産後すぐ
マジックテープで股部分が開くショーツです。
出産後は子宮からの出血があります。
ナプキン交換のしやすい産じょくショーツを準備しましょう。

産後

骨盤を緩んだままにしておくと軽度失禁や腰痛につながることも・・・
退院後は骨盤ケアを始めましょう。

商品ページを見る
品名
必要度
必要数
ポイント

産後リフォーム

1~2枚
時期:退院後から
ベルトタイプ、ニッパータイプ、ガードルタイプなど様々あります。
引き締めのステップに合わせてリフォームを進めましょう。
ワンポイントアドバイスを見る

産後リフォーム用品の種類

リフォームとは、出産で開いた骨盤や子宮、および崩れた体形を専用の下着で回復させることです。産後6ヶ月までの妊娠脂肪は流動性があり、産後リフォーム用品を効果的に使用すると母体の回復が早まります。

骨盤ベルト

産後すぐ~1ヶ月使用
出産で緩んだ骨盤を引き締めるためのサポートベルトです。

ウエストニッパー

産後1、2週~使用
下腹部からウエストまでしっかりサポートし、締め具合も好みで調整できます。

リフォームガードル

産後2、3週~使用
1枚ばきができるハイウエストタイプで、ウエスト・ヒップ・太ももを引き締めます。

授乳口付きトップス

2~3枚
時期:退院後から
お洋服に授乳口が付いていると、授乳がラクチン。
色々なデザインがあるのでお気に入りを見つけましょう。

授乳ケープ

1枚
時期:退院後から
突然の授乳にも、ケープがあれば安心。
持ち運びに便利な巾着タイプがオススメです。

マザーズバッグ

1点
時期:退院後から
おむつ、哺乳瓶、お着替えなど、赤ちゃんのお出掛けには荷物がいっぱい。
大きめサイズのマザーズバッグが安心です。

新生児肌着

肌がデリケートな赤ちゃん用の肌着は、素材に気をつかって選びましょう。

商品ページを見る
品名
必要度
必要数
ポイント

短肌着

3~5枚

生後すぐ着せる肌着。
吸湿性、通気性のある綿素材が最適です。
多め(5枚以上)に準備しておくと便利です。

長肌着

2~3枚

赤ちゃんの足まですっぽり包む長い着丈。
オムツ替えがラクにできます。
多め(5枚以上)に準備しておくと便利です。

コンビ肌着

2~3枚

股の部分にスナップが付いているのではだける
心配がありません。

ミトン

1~2枚

爪で自分の肌を引っ掻いて傷つけないようにします。
冬の防寒対策にも最適です。

ソックス

2~3足

赤ちゃんの体温調節用に。
冷房対策にも使用します。

汗取りパット

5枚

衣服と背中の間に差し込んで使用し、背中の汗を吸い取ります。

新生児衣料

月齢によってタイプが変わります。季節に適したベビー服を選びましょう。

商品ページを見る
品名
必要度
必要数
ポイント

兼用ドレス

2~3枚

新生児の頃はドレスとして、
2 ~ 3 ヶ月頃にはカバーオールとして。
成長に合わせて長く着用できる
2WAYタイプです。

カバーオール

2~3枚

動きが活発になる2 ~ 3 ヶ月頃からの定番ウエアです。

ベスト

1~2枚

季節の変わり目や体温調節をしたいときに。お昼寝時や冷房時にも最適です。

アフガン

1~2枚

赤ちゃんを包むおくるみ。
お昼寝の掛布団やオムツ替えのシーツ、沐浴(もくよく)後の肌掛けや毛布代わりにも最適です。

セレモニードレス

1~2枚

退院時、外出時、お宮参りに。

おくるみ

1~2枚

寒い日のお出掛け用に。
新生児の防寒着です。

スタイ(よだれかけ)

3~5枚

ミルクの吐き戻しやよだれ用。
食事のときのエプロンとしても使います。

帽子

1~2枚

夏は紫外線対策、冬は防寒対策に。
赤ちゃんの頭を守ります。
ワンポイントアドバイスを見る

季節に応じた着せ方

生まれたての赤ちゃんは、自分でうまく体温調節ができません。体温調節力を補うために、肌着は重ね着が基本です。

【基本スタイル】短肌着 + 長肌着 or コンビ肌着

【春】基本スタイル+長袖兼用ドレス

気温に応じてベストをプラスしましょう。

【夏】お出掛けには短肌着+薄手の兼用ドレス

帽子や汗取りパットで暑さ対策もしましょう。おうちでは室温に応じ、短肌着やコンビ肌着1枚でもOK。

【秋】基本スタイル+長袖兼用ドレス

朝晩は冷え込むことも。ベストで調整しましょう。

【冬】基本スタイル+長袖兼用ドレス+ベスト

お出掛け時には帽子やおくるみをプラスして体を冷やさないようにしましょう。

新生児寝具

赤ちゃんは1日の大半を寝て過ごします。快適な睡眠環境を用意してあげましょう。

商品ページを見る
品名
必要度
必要数
ポイント

新生児組布団

1セット

掛布団、敷布団、フィッティングシーツなどの基本的な寝具セットです。

防水シーツ

2〜3枚

防水加工で敷布団をガードします。

キルトパッド

2〜3枚

パッドを敷くことで、汗かきの赤ちゃんの背中の汗を吸い取ります。

タオルケット(夏季)

1〜2枚

夏の掛布団代わりなど、幅広く使用できます。
洗い替え用に2枚あると便利です。
ワンポイントアドバイスを見る

寝具のお洗濯・お手入れ方法

掛カバー

ファスナーを閉じ、洗濯ネットに入れて洗濯機で洗いましょう。

掛布団

洗濯ネットに入れて弱めの水流で洗い、少し短めの脱水にします。
干す際は、布団の四隅を引っ張り形を整えて完全に乾くまで干します。

敷布団

防水シーツやキルトパッドを併用し、敷布団が汚れないようにしましょう。

【汚れた場合】汚れた部分をつまみ洗いし、自然乾燥。こまめに干して、カビの原因となる湿気を乾かしましょう。
※詳しくは洗濯絵表示を参照します。

毛布

1〜2枚

オールシーズン対応の綿素材や、
軽くて保温性に優れた
ポリエステル素材(冬季)があります。

ベビー枕

1個

不安定な赤ちゃんの頭をサポート。
新生児には薄めのタイプがオススメです。

室内用品

赤ちゃんは予期せぬ行動をするので、危険が伴います。安全な環境を用意してあげましょう。

商品ページを見る
品名
必要度
必要数
ポイント

ベビーベッド

1台

生後すぐの赤ちゃんを床のホコリ・ダニから守ります。
おむつ替えや着替えなどにもラクで便利です。

ハイローラック

1台

新生児時期は寝かしつけ、離乳食期からはベビーチェアとして0~4歳くらいまで長く使えます。
高さ調整、リクライニングもできて便利です。

ベッドパット

1台

ベッドの中で赤ちゃんの頭を保護するためにベッドの内側に取り付けます。

クーハン

1台

お出掛けやお昼寝時の簡易ベッドとして使用します。日差しをさえぎるほろ付きが便利です。

バウンサー・ロッカー

1台

赤ちゃんをあやすときや、寝かせるときに使用します。軽量のため、持ち運びにも便利です。

ハイチェア

1台

お座りができるようになってからダイニングテーブルなどで使用する食事用イスです。木製のものや、金属製のパイプを使用したものがあります。

ベビーゲート

1台

赤ちゃんが、キッチンなど他の部屋へ勝手に移動するのを防ぎます。

ベビーモニター

1台

赤ちゃんがいる部屋から離れていても、赤ちゃんの声がキャッチできます。

ベビーサークル

1個

赤ちゃんが安全に遊べるスペースづくりに役立ちます。

ジム&メリー

1個

赤ちゃんの興味をひいて感性を豊かにしてくれます。ねんね期の赤ちゃんにジム&メリーを使ってあげると、おもちゃやカラフルな色に囲まれて楽しい時間を過ごしてもらえます。フロアタイプからベッドタイプまで、色々なタイプがあります。

授乳用品

ママと赤ちゃんの快適なミルクタイムのために。

商品ページを見る
品名
必要度
必要数
ポイント

授乳クッション

1個

ミルクタイムのママの負担を軽減します。
赤ちゃんも安定した位置で落ち着いておっぱいを飲むことができます。

さく乳器

1個

ママの母乳育児をサポートする、母乳をしぼり出すアイテムです。

母乳フリーザーパック

20枚〜

さく乳した母乳を衛生的に冷凍保存できます。

ほ乳びん

2〜3本

お出掛け用はプラスチック製、家ではガラス製と、
用途に応じて使い分けるのがポイントです。

乳首

2〜3個

ゴム臭がなく劣化しにくいシリコーンゴムと、弾力性に優れたイソプレンゴムがあります。
飲み口は赤ちゃんの吸う力に合ったものを選びましょう。
ワンポイントアドバイスを見る

乳首のタイプは成長と飲み方に応じて選びましょう!

丸穴(○)

一般的な形。成長に合わせてサイズ変更します。S→M→L。新生児はSサイズです。

クロスカット(X)

X字形の穴が開いています。生後すぐ~離乳期まで使えます。果汁などの繊維が多いものを飲ませるのに適しています。

スリーカット(Y)

吸う力によって出る量を調節できます。生後2、3ヵ月頃から、遊び飲みが始まった頃の赤ちゃんに向いています。

粉ミルクケース

1個

あらかじめミルクを計量して小分けしておく容器です。
お出掛け時や夜間に大活躍!

ほ乳びんブラシ

1個

プラスチックにはスポンジ製、ガラスにはナイロン製のブラシが適しています。

消毒器

1個

薬液に漬けてそのまま取り出して使えるタイプと、
電子レンジで消毒するタイプがあります。

浴用雑貨

抵抗力の弱い生後1ヶ月くらいまではベビーバスで沐浴(もくよく)しましょう。

商品ページを見る
品名
必要度
必要数
ポイント

ベビーバス

1個

丈夫でお手ごろ価格のプラスチックタイプと、
コンパクトなエアタイプ(膨らますタイプ)があります。
生活シーンに合わせて選択しましょう。

湯温計

1個

ベビーバスの温度を確認します。
適温表示のあるものが便利です。

ベビーせっけん・ベビーシャンプー

各1個

デリケートな赤ちゃんのお肌には、専用の低刺激のものを選びましょう。

沐浴剤

1個

すすぎや上がり湯のいらない洗浄保湿剤。
1つあればとっても便利です。

ベビーローション・ベビーオイル

各1本

赤ちゃんのお肌のお手入れに加え、
耳や鼻のおそうじにも活躍。

綿棒

1パック

耳や鼻の細かなお手入れに使用。
赤ちゃん専用の細軸がオススメです。

入浴布

3〜4枚

入浴タイムはもちろん、それ以外のときでも
赤ちゃんをやさしく包み込みます。

湯上がりタオル

2〜3枚

お風呂上がりに寝かせたままで
体を拭くことができます。

ボディスポンジ・ミトン

1個

デリケートな赤ちゃんの肌には
専用のものがよいでしょう。

ガーゼ

5〜10枚

よだれふき、汗ふきなどにとっても重宝します。
多めに準備しておくと便利です。

ベビーパウダー

1個

入浴後やオムツ替えのときに、汗をかきやすい部分につけて湿疹を防いであげましょう。
ワンポイントアドバイスを見る

沐浴(もくよく)のポイント

沐浴(もくよく)とは・・・
ベビーバスなどで赤ちゃんをお風呂に入れてあげることです。
ママと一緒の入浴は1ヶ月頃からです。
新陳代謝の活発な赤ちゃんには沐浴がとても大切です。

ポイント①沐浴は毎日

とても汗かきな赤ちゃんは毎日の沐浴が基本です。毎日同じ時間に行い、赤ちゃんの生活リズムを作りましょう。

ポイント②お湯の温度は37~40℃

寒い季節は温かく、暑い季節はぬるめに。湯温計で測るようにしましょう。

ポイント③沐浴時間は5~7分

生まれたばかりの赤ちゃんは長くお湯につかっていると疲れてしまいます。のぼせないように沐浴時間を守りましょう。

排便用品

敏感な赤ちゃんの肌を清潔に保つために、肌に合うものを選びましょう。

商品ページを見る
品名
必要度
必要数
ポイント

紙オムツ

10枚以上
※月齢によって異なります。

新生児の間は1日10回以上オムツ替えをすることも。
200枚くらい用意しておくと安心です。

おしりふき

3〜5袋

純水タイプ、ローションタイプ、厚手、メッシュなど様々。
赤ちゃんの肌に直接触れるものなので、色々試してピッタリのものを。

紙オムツ用ゴミ箱

1個

簡単なフタ付きバケツや、においの漏れない
オムツ処理機があります。

布オムツ

30〜50枚

布オムツをオムツカバーで押さえて使用します。
オムツライナーを使うと汚れが少なく便利です。

オムツライナー

1箱

布オムツに重ねて使用し、オムツの汚れを少なくします。

オムツカバー

3〜5枚

布オムツを固定するカバーです。
新生児の場合はオムツ替えが簡単な
前ベルトタイプを使用します。
ワンポイントアドバイスを見る

紙オムツ・布オムツ

月齢の低い時期には、赤ちゃんはおしっこをたくさんためておくことができないので、尿の回数が頻繁です。尿が出たらこまめにとりかえてあげるのが理想です。
※紙オムツと布オムツはどちらかを準備しましょう。

紙オムツ

清潔で取り替えが簡単です。使用後はまるめて捨てるだけなのでラクチン。

布オムツ

肌に優しく、洗って使い回せるのでゴミが出ず経済的です。

健康雑貨

赤ちゃんの健康管理のために用意しておきましょう。

商品ページを見る
品名
必要度
必要数
ポイント

体温計

1個

短時間で検温できる予測式がオススメです。

つめ切りばさみ

1個

生まれたての赤ちゃんの爪はとっても薄くて軟らか。
先端が丸くなっている赤ちゃん専用のものを選びましょう。

鼻吸い器

1個

赤ちゃんの鼻水を吸い取るのに便利。
ママの口で吸えるタイプは吸い方で吸引力を調整できます。

温湿度計

1個

赤ちゃんが快適に過ごせるように温湿度計でお部屋の環境を確認しましょう。
温度は夏場は26~28℃、冬場は20~23℃、
湿度は40~60%くらいが目安です。

ベビーキャリー

商品ページを見る
品名
必要度
必要数
ポイント

抱っこひも

1〜2個

横抱き、縦抱きなど使い分けられるタイプがオススメです。
腰ベルトタイプ、 ヒモタイプなど様々あるので、色々試着してみましょう。
ワンポイントアドバイスを見る

抱っこひもの種類

腰ベルトタイプ

リュックのような分厚い肩ベルトと腰ベルトで、赤ちゃんの重量を分散することができます。

ヒモタイプ

キャリーとも呼ばれ、ヒモとリングでしっかり固定して使用します。

スリングタイプ

布で赤ちゃんを包み込むように抱けるタイプをいいます。装着が簡単でコンパクトに収納できるので、携帯に便利です。

品名
必要度
必要数
ポイント

チャイルドシート

1〜2台

チャイルドシートの設置は法律で義務付けられています。
様々な種類がありますのでお近くの社員へお声掛けください!
ワンポイントアドバイスを見る

チャイルドシートの種類

軽量タイプ

コンパクトで軽量なので車内が狭い車でも取付け可能。軽いので車2台での付け替えが多いご家庭にオススメです。

回転タイプ

シート部分が回転して好みの向きに変えられるタイプです。車高が低い車でも乗せ降ろしが簡単です。

ベッドタイプ

新生児から首すわり頃まで平らなベッドとして使用し、成長に合わせて後ろ向きや前向きに変更可能な多機能タイプです。

ISOFIX タイプ

チャイルドシートを固定するための国際標準規格に適合しているタイプです。シートベルトではなく車の金具を使用して装着します。

ベビーカー

1台

生後1ヶ月頃から使用できるA型と、7ヶ月頃から使用できるB型があります。
機種によって特性があるので、試し押しをしてみましょう。
ワンポイントアドバイスを見る

ベビーカーの種類

A型ベビーカー

対応:1ヶ月~3歳(体重15kg以下)
対面でも背面でも押せ、リクライニング機能があり、生後すぐから寝かせた状態で使用できるタイプです。

B型ベビーカー

対応:7ヶ月~3歳(体重15kg以下)
腰がすわった頃から使用でき、軽く、持ち運びしやすいメリットがあります。

バギータイプ

対応:7ヶ月~3歳(体重15kg以下)
使用期間はB型ベビーカーと同じですが、B型より計量・安価でコンパクトに折りたためるタイプです。

TOPへ戻るひよこ